茂木 健一郎 (脳科学者)


フォトダウンロード


A

ダウンロード
A
Mog_A.jpg
JPEGファイル 7.9 MB

B

ダウンロード
B
Mogi_B.jpg
JPEGファイル 8.4 MB

C

ダウンロード
C
Mogi_C.jpg
JPEGファイル 7.8 MB

D

ダウンロード
D
Mogi_D.jpg
JPEGファイル 7.9 MB

E

ダウンロード
E
Mogi_E.jpg
JPEGファイル 4.8 MB


略 歴


※肩書は「脳科学者」のみでお願いします。ご掲載の文章量等に合わせて適宜編集してください。

 

茂木 健一郎 (脳科学者)

1962年10月20日東京生まれ。

東京大学大学院客員教授及び特任教授、ソニーCSL研究員、通信制高校「あおぞら高校」校長、各種業界団体の理事や顧問など、多彩な領域で様々な役職を務める。

東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。

理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現在に至る。

専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして脳と心の関係を研究、近年は「AIアラインメント」や「コレクティブインテリジェンス(集団的知性)」についての研究に注力中。

また、文藝評論、美術評論などにも取り組みながら、作家、ブロードキャスターとしても活躍の幅を広げて来た。

英語で執筆した日本文化や精神性について論じた著書『IKIGAI』が世界で注目され、30カ国以上の国で各国語に翻訳され出版。

続く二冊目の英語の著書『The Way of Nagomi(和の道)』も世界から注目。

なお国内では、2005年『脳と仮想』で第四回小林秀雄賞を受賞。2009年に『今、ここからすべての場所へ』で第12回桑原武夫学芸賞の受賞をはじめ、『クオリアと人工意識』(講談社)他、多数の著作があり、作家としての評価も高い。

 

備考:

・コメディアンを自称することもあり、特にスタドアアップコメディーの方法論による政治や世俗の批評もSNSやYouTubeなどで展開。

・SNSやYouTubeなどを活用したピニオンの発信にも精力的で、時に大きな話題となる。

 

【2024年6月更新】